静岡川柳たかねバックナンバー
トップページへ






 平成十八年八月十九日 定例句会
    於 静岡市駒形神社 社務所

席 題  「 猫 」  真理 猫子 選
鳴き声が悪夢に替わる猫の恋    びん郎
招き猫の手はくたびれたけど不運  平四朗
猫の恋騒いだわりに成就せず    アキラ
お隣りの猫はピアノでいじめられ   弘
猫かぶり風の噂を嗅いでいる    平四朗
猫撫で声に賭ける両刃の剣である  平四朗
ラーメンが好きな夫は猫舌で    三根子
人物の評価犬より猫確か      輝 男
専務宅つんとすましたペルシャ猫   鰹
グルメ猫オレが流した汗で食う   洋 未
猫に手があれば借りたい農繁期   びん郎
猫だってやはり美人の膝が好き   由利子
殺す気はないと嘯く猫被り     びん郎
平和です猫もネズミを攻めはせず  輝 男
拾われてほんとの猫になりきれぬ  しげる
さみしくて猫なで声を出してみる  三根子
捨て猫の目に薄情な灯が憎い    平四朗
 五 秀
猫になる声に野心が透けている   平四朗
幸福は残っているか猫に聞く    まさ子
マグロまた値上げと聞いた猫の耳  輝 男
気まぐれな彼女猫年生まれかな    鰹
非常勤ネコが出張して困る     アキラ


宿 題  「 洋 」  川村 洋未 選
屋号の字洋風にして三代目     穂々美
泳げないテポドン洋で溺れてる   竹 水
洋水の中で命が響き合う      しのぶ
洋ガラシたっぷり塗ってアドバイス  鰹
船の旅海はまあるく陽が沈む    寿 恵
東洋の魔女は優しい母ばかり    昌 利
洋風に建てて畳を恋しがり      弘
海洋に若者の夢 夏の夢       亀 重
うさぎ小屋洋館よりも性に合い   博 司
太平洋越えた黄砂も迷ってる    満 月
洋酒より焼酎旨く飲んでいる    俊 坊
洋々の人生僕は酒の海       五 貫
海広くこぎ出す二人愛確か     ぎ ん
和にあらず洋にあらずの兎小屋   たきこ
洋服もクールビズなら臍涼し    草 園
披露宴祖母ハイカラに洋装で    幹 子
マンションを見上げてにらむ鬼瓦  春 江
洋の間もざぶとん座卓こたつです  智 美
鮨文化世界のマグロ喰いつくす   静 枝
洋食の椅子へ誘った下心      平四朗
洋食を箸で頂くご満足       和 枝
洋食のナイフ使えず恥を食う    重 雄
洋食はカレーライスがてんこ盛り  三根子
洋食を好み肥満に悩まされ     二三子
三世代和洋の味にならされる    登 志
洋食のマナーに腹が落着かず    博 司
しましても洋食苦手箸を呼び    俊 枝
嫁姑朝っぱらから和洋食      亜季浩
西洋のシェフも来ているディナーショー玲 子
東洋も西洋もない温暖化      のぶ男
字幕読むだけの洋画で疲れてる   廣 司
無駄口の多い男に洋芥子      由利子
再生の洋紙が威張り過ぎないか   圀 彦
椰子を取る太平洋を下に見て    びん郎
形見分け兄の洋服小さ過ぎ     廣 司
洋式のトイレお尻を浮かせます   茂 瑠
洋式に建てて恋しくなる畳     千恵子
和洋折衷きこえはいいが残りもの  まさえ
子等の夢前途洋々宇宙旅      登 志
 秀 句
知恵袋溢れ洋洋たる頓智      竹 水
銃を掌の平和地球は丸くない    政次郎
太平洋広さを知らぬ家のコイ    安 心
東洋の中で揉めるか島に位置    のぶ男
予定では前途揚々年金者      亜季浩
洋ランと美を競い合ううちの妻   由利子


宿 題 「スイカ」  曽根田しげる 選
叩かれて成人式を知るスイカ    重 雄
陽が眩しスイカの種をペッペッペ  美弥子
スイカ割り笑いころげた夏が好き  三根子
過保護だね彼のスイカに種が無い  千恵子
釣瓶井戸隣りのスイカ同居させ    弘
お土産にスイカ持たせる嫌な客    鰹
スイカ買う父の姿を追い求め    三根子
問答無用スイカはがぶり喰うがよい 輝 男
胸襟を半分ひらきスイカ食う    大 鯉
ひと切れのスイカ貧しき頃の幸   まつ子
スイカ食べ仏の母に愚痴を云い    亘
丹精のスイカを猿が持って逃げ   由利子
ライバルに的をしぼってスイカ割る 徳 子
臨月にスイカが一つとび出した    尚
ああこわいスイカの種をのんじゃった 尚
スイカ割り声を頼りに迷うてる   徳 子
スイカ割り方向音痴が殊勲賞    政次郎
ありさんに誘われちゃったスイカ割り洋 未
美味いでしょスイカわたしも今が旬 輝 男
本性を丸出しにするスイカ割り   千恵子
あなたもねスイカのようなおなかです和 枝
種とばし子供の頃がなつかしい   俊 枝
女房の腹もスイカも撫でてから   草 園
ライバルを打ち据えているスイカ割り 弘
上品な客に西瓜を切り直す     獏 沓
なぜだろうスイカの模様シマだらけ 穂々美
スイカならお任せあれと研ナオコ  亜季浩
無精髭笑い転げて西瓜顔      猫 子
兄弟が敵に見えた日のスイカ    圀 彦
子の頭叩き慣れてる品定め     野次馬
下積みの砂まで憎いスイカ割り   草 園
 五 客
スイカ切るまん中辺はおふくろに  廣 司
四角にも切れる西瓜が世に甘い   のぶ男
西瓜食う思い切り首突っ込んで   由利子
真四角なスイカやっぱり丸い味   竹 水
種飛ばす不法投棄はスイカだな   政次郎
 人 位
スイカ割り一気迷いの只中に    しのぶ
地 位
西瓜には水玉模様なぜないの    穂々美
天 位
スイカ革命四角で挑む冷蔵庫    平四朗
 軸 吟
買う気ないスイカ叩いて自己主張  しげる



宿 題  「ふ く」  柳沢平四朗 選
八十の母は今でも福の神      三根子
一言が多い夫の尻拭い       千恵子
飾り気ない服がおんなを引き立てる 美弥子
久しぶり旅に吹っ飛ぶ軽い札    登 志
人嫌いのカニは本気で泡を吹く   昌 利
佛さま拭いて命の話する      しげる
定年の線へ自由な笛を吹く     は な
メガネ拭きバーゲン品をのがさない  尚
爺さんの服が案山子で甦る     博 司
風呂上がり青田の風が涼をくれ   ぎ ん
メガネ拭く白黒見定めるために    鰹
親のエゴ乗せそれぞれに吹くラッパ 千恵子
風が吹くきっとあなたはふりかえる 三根子
ふところの深い女が拭く涙     茂 瑠
復讐の狼煙は知らぬ間に上げる   美佐緒
貧乏が居ついて福が寄りつかず   信 一
福徳の神にもあった賛否論     まつ子
風が吹く帰らぬ彼は側にいる    俊 枝
大臣に副をつけても足りぬイス   圀 彦
草むしり済み心地良い汗を拭く   二三子
服装が華美になるほど親不安    のぶ子
完敗の眼鏡を割れぬように拭く   五 貫
ピカピカに愛車拭いてるドラ息子  由利子
誉められた福耳このごろ蝉が鳴く  登 志
夏服になって裸体を見透かされ   穂々美
  五 客
ほらを吹くみんな悲しい貌になる  野次馬
火を噴いた神と神とが武器を持つ  のぶ男
福の神いつも問題連れて来る    五 貫
地球儀を拭いても消えぬ血の歴史  竹 水
福耳の血縁らしい肖像画      美佐緒
  人 位
噴火する兆し言葉が薄くなる    アキラ
  地 位
ほらを吹く度に仮面がしめつける  豊 子
  天 位
上辺だけ拭いた雑巾よく絞る    野次馬
  軸 吟
閻魔様のブラックリストへ吹きまくる 平四郎




 


 参加者(順不同・敬称略)柳沢平四朗、
望月弘、望月鐘雄、真理猫子、佐野由利子
曽根田しげる、中安びん郎、中野三根子、
川村洋未、長澤アキラ、加藤鰹、高瀬輝男
森田安心、市川重雄、中村教子、成島静枝
望月満月、森島寿恵、横山昌利、堀井草園
柴田亀重、岡村廣司、池田茂瑠、谷口智美
薗田獏沓、内山敏子、永田のぶ男、中田尚
御田俊坊、高橋春江、竹内登志、堀場大鯉
松野はな、大塚徳子、鹿野太郎、西垣博司
林二三子、川島五貫、山田ぎん、鈴木幹子
滝田玲子、金田政次郎、川口亘、安田豊子
田制圀彦、加茂和枝、石田竹水、石上俊枝
増田信一、芹沢穂々美、宮野たきこ、鈴木
まつ子、設楽亜季浩、薮ア千恵子、山本野
次馬、戸田美佐緒、川口のぶ子、堀内しの
ぶ、提坂まさえ、萩原まさ子、山口兄六

▽お隣、愛知県から真理猫子さんがはるば
る来て下さった。突然の指名でしたが席題
「猫」の選句、堂々としたものでしたよ。
▽句会終了後はお約束通り「長澤アキラさ
ん県大会優勝祝賀会」と銘うってパルシェ
のビアガーデンへ。アレッ?句会欠席した
人が何故かビアガーデンにいるぞ(笑)
楽しいひとときでしたね♪



定例句会 | Link |
(2006/10/26(Wed) 07:26:41)

川 柳 広 場 全国誌に学ぶ
      担当   山口 兄六



双     眼( 青森 )23号
目薬の冷んやり落ちる星祭      薫
と も し び( 宮城 )19号
象の記憶にずぶ濡れの少年兵    かず男
川 柳 ポ ス ト( 新潟 )489号
毒舌の根っこに迫るコンバイン    潔
甲  斐  野( 山梨 )317号
チンポコを皆で確認する産湯    信二郎
ふ ぁ う す と( 兵庫 )903号
トーフの角に頭ぶつけている猛暑  すみれ
天  守  閣( 大阪 )708号
コーヒー香り別れの手紙書き終える 紀 世
銀     河( 東京 )77号
テポドンがあるからボクは不死身だよ 梢
川  柳  人( 岩手 )869号
もやしっ子キレるムカつく風の中  恭 一
は  す  だ( 埼玉 )作品集1号
無を放つ矢から生れる男唄      昇
仙 台 な ん ぶ( 仙台 )275号
ギロチン首に聞きたいのは史実   二 郎
海     峡(いわき)351号
背のチャック甘える場所についている 日生
翔   ( 三重 )43号
充電に来た図書館は死んでいる   一 舟
能     因( 白河 )765号
月見草星の雫に濡れて咲く     美津子
川柳文学コロキュウム( 大阪 )20号
猫は全て許しておらず抱かれてる  さわこ
風   ( 埼玉 )58号
セーラー服さらば今日から水仕事  美 江
柳     都( 新潟 )693号
抜け殻に行方不明と書いた蝉    冬 彦
宮  城  野( 宮城 )708号
行く行くはとそんな風船買いました マサ子
美  す  ゞ( 長野 )683号
おばさんが女神に見えるクジ売り場 忠 幸
つ く ば ね( 茨城 )189号
鬼ごっこ手の鳴る方へ行っちゃダメ 晴 美
紫     波( 岩手 )274号
ドウシヨウゲートボールニ誘ワレル みどり
オ ホ ー ツ ク(北海道)404号
手触りが良すぎるきっと毒がある  健次郎
Midori ( 愛知 )521号
ゼンマイの男カタカタ鳴っている  茂 生
時事作家協会 (神奈川)96号
青春の二態球児とボクサーと    貞 勇
三 日 坊 主( 福島 )245号
昨日まで折り目正しい日本人    正 静
ぬ か る 道( 千葉 )43号
匿名にすると反対派に回り     久 光
も  う  こ( 仙台 )419号
誰もいないとてもやさしい喫茶店  八千代
路   (神奈川)512号
正直に生きて化粧も濃くなって   サイコ
そ  ら  ち(北海道)438号
別れには少しみじかい滑走路    美津子
ち     ぬ( 大阪 )498号
更年期女発酵する時間       あかね
川 柳 人 生( 新潟 )163号
シュレッダー私の愛もあの中に   ひとし
松 代 川 柳( 長野 )106号
子の胸に住む地下足袋の母の詩   し ま
銀  の  笛( 秋田 )152号
きみはもう眠ったらしい 月あかり ヒサト
白     梅( 東京 )195号
やらせだと分かった涙すぐ乾く   春 雄
犬     吠( 千葉 )381号
竹光で芸能人が斬る世相       暹
せんりゅう弥生( 白石 )95号
曼珠沙華素敵に赤い媚を売る    かほる
さ い た ま( 埼玉 )562号
回り道だがこの道が好き      美 文
す ず む し( 秋田 )368号
花火みな君と僕とに向いて咲く   啓 子
港   (神奈川)473号
スタミナと脳の油ぎれのコラボ   蓉 子
川 柳 東 京( 東京 )542号
先着の一名様が今の妻       桂 馬
家   (いわき)429号
今出来ることは今しなさい恋も   明 子
べ  に  花( 山形 )534号
中流層地盤沈下が止まらない    ミヨコ
川柳倶楽部 %( 京都 )056号
ヒロシマの夏クレヨンが焦げている 作二郎
下     野( 栃木 )1655号
九回の裏へトイレを我慢する    信 昭




たかねバックナンバー | Link |
(2006/10/26(Wed) 07:24:41)

ちゃっきり し ぞ 〜 か 弁 川 柳

逢いたさにとんで来ただにずえらいわ   藤野 俊子
なんでかいネわしんとこへはよう来るだに 高橋 春江
きゃあるのをちょっくら待って駄賃やる  芹沢穂々美
ビールにゃぁやっぱ静岡おでんずら    中川  司
飛びっくらヤリキをつけてとんでゆく   長谷川寅吉
いろいろがほどあるけぇが金ねーずら   谷口 智美
こんなにもこしい魚じゃ逃そうや     西垣 博司
孫だからちみくられても痛くない     西垣 博司
ちょくちょくとあすべ〜来いや待ってるで 鈴木まつ子
おんぞくたい娘でも色づきゃけっこ〜か  鈴木まつ子
ぶしょったい無駄な注意がいじょ〜する  堀井 草園
嫁っこの口紅ちい〜っと貸しただけ    堀井 草園
そりゃおめえ考えちげえしてるずら    岡村 廣司
あんてえが行くならおりゃあどうしっか  岡村 廣司
まぶい娘を貰いけなるい隣の子      柳沢平四朗
けっこい娘欲しい返事はしらっくら    柳沢平四朗
てゃーふーの天気予報はひっぱずれ    中安びん郎
増税はかにしてくりょ〜おとましい    中安びん郎

▽しぞ〜か弁コーナー大盛況。ふんとに沢山の投句があって嬉し
いやあ〜。スペースがこれっぱかだんで全部は載せられないけど、二句、三句送ってくれた方、必ず載っけるで待っててくりょ〜。
〒421‐2106
しぞーか市葵区牛妻2095の13  加藤 鰹あて
(受付随時、投句料もいらにゃあでね〜)


ちゃっきり しぞ〜か弁川柳 | Link |
(2006/10/25(Tue) 22:24:41)

「夏季限定」            戸田 美佐緒
夏季限定冷たい月を抱いている      さいたま
仮縫いが終わったらしい少年期
心療内科ビー玉が割れている
やんわりと狼煙は上がる炊飯器



 「自 由 吟」            岡部  久美
砂糖菓子崩れてしまえ夏の恋      伊 豆
封印を解くには太陽まぶしすぎ
熱高しいまだこの町捨てるのは
風吹けば何時かは燃える種火持つ



「夏 休 み」            塚本  寄道
我が家では女王陛下のような母      長 泉(中一)
夏休み母指令官ボク歩兵
言わないでやってみたいよボク流で
長いはず短かかったよ夏休み


「お 役 所」            松橋  帆波
一番の番号札で待たされる         東 京
出張が机の上で済む噂
大概は謝って済むお役人
役所には実は立派な人もいる


「自 由 吟」            中田   尚
やさしくて小さくて痛い母の釘        浜 松
かごめかごめ明日はリストラかも知れぬ
皇室に無理矢理呼んだコウノトリ
再試合プロも手本になれば良い


「外 れ る」           井口   薫
何となく締まりませんねドテンカイ      袋 井
御勝手に冥王星の捨て台詞
これも武器遠視難聴物忘れ
ああショック スイッチ入れるのもヨイショ


「ここだけのつもり」        増田  久子
花の名は書いたがどんな花だっけ        焼 津
飼われたくなくてすぐ死ぬカブトムシ
君が代にさえもコブシの癖が出る
紅一点なんてその気になった古希


「自 己 愛」             新貝 里々子
ディナーショーファッションチェックして遊ぶ 袋 井
京懐石 池の鯉まで美しい
使い切った明るい赤を買い足そう
グルメ旅明日から粗食八分目


 「シ ャ ツ」            横山  昌利
横風を受けて男の貌になる          相 馬
太陽の誘いに泡を吐く金魚
陽の匂う布団に街の子を寝せる
父の日に少しやつれたシャツを着る


 「挫  折」            馬渕 よし子
清流で育ち都会ですぐ挫折         浜 松          
挫折する度に血管太くなる
挫折した涙の染みの偉人伝
井の中の蛙挫折を知らず生き


  「  岸  」              鈴木 恵美子
ひたむきな愛が岸辺の花となる       静 岡
向う岸逢ってはならぬ人がいる
橋のない川の向うにいるあなた
過去探る糸は岸辺をさまよえり


  「雑  詠」            山田 フサ子
鈍行でいきたい老の平和旅         袋 井
躊躇して逃した夢を追いかける
逆流の世代戸惑う川の石
直感を磨く何かに出会えそう


 「生きる疲れ」             堀場  大鯉
サルビアの赤 老らくへキツすぎる       焼 津
色あせた口説き文句にだるくなる
ニコニコと出る杭ならば叩かれず
げじげじも生きとし生きるものなのか


  「雑  詠」            西垣  博司
そっとしておこうゼンマイ延びてるが      静 岡
正直な人だ わかった嘘を云う
受話器置き余韻に猪口を一つ足す
特別な困り事なし花に水


 「自 由 吟」            ふくだ 万年
夢を捨て籤買う金でビール飲む        大 阪
山ふたつ乗せて嬉しい擬似の胸
昼飯は英世で釣りと決めている
玄関の靴に比例の笑い声


 「隙 間 風」             川口 のぶ子
揉め事をちょいと摘まんでポイと捨て     藤 枝
云い過ぎた後に切ない隙間風
行き詰る言葉の果てが遠く見え
草臥れの相槌が効く膝がしら


 「あつあつ」            阿部 闘句郎
太陽に乱反射する自殺熱           神奈川
あつあつの新婚さんがいてラッシュ
カミソリを遊び道具にして不倫
あつあつの二人に朝のバイキング


 「他  人」             笹  美弥子
小さなはなし他人おおきくしてくれる     仙 台
負け犬の疵に塩ふるのも他人
老いた身に他人の十指あたたかい
それからのことば捜した白い夜


 「将  来」             設楽 亜季浩
百年は安心ですと大臣が        静 岡
老人に大志抱けとムリ強いる
今日生れドデカイ荷物背負わされ
日々進化老いたロボットどこ行くの


「酒  よ」            柏屋 叶志秋
日本の酒には四季の色がある         山 形
ストレスを取るはずだった二日酔い
陰口を言えば空しい酒の酔い
美女の酌孫の酌では違う味


 「オーバーヒート」         宮野 たきこ
税税税 喘息列島死者多数        岩 手
そんなにも栄養とってどーするの
捨て場所に困るアンタの意地の花
とんちんかんそれも癒しという哀れ


「雑  詠」            岡村  廣司
丁重に詫びてはいるが眼が笑い      焼 津
過労死をする程真面目にもなれず
逗留が嫌いか諭吉一葉も
後悔を皆がしている大渋滞


  「自 由」            滝田  玲子
ブランドの海でカードが溺れそう        浜 松
昭和史の戦後を語り継いで生き
ロボットもリズムに乗って腰を振る
転げゆく毬がひとりで走り去る


「人間模様U」            山本 野次馬
欲望の影がやたらに前を行く          函 南
足し算も引き算もして輪が出来る
歯車がロボットだからホッとする
安売りの返事があとでボロを出す


 「くつろぎの森」             真田  義子
くつろぎの森から消えた青い鳥         仙 台
潮の香にふと目覚めたる旅の夜
椰子の実が流れ着いてる島の朝
平凡な暮らし夢見るレモンティー


  「冒  険」            竹内  さき
わたくしを保つため朱の汗を積む        浜 松
君しきりひっそりと添う秋暮色
心降る私の雨にうす化粧
他人には見えぬ内内舞い終えて


  「雑  詠」            寺脇  龍狂
夢ファンド嗚呼玉杯が玉砕し          浜 松
靖国が独立国を疑わせ
共通の貧血症に泣く親子
親も子も何か忘れたツケに泣き


  「自 由 吟」            竹内  登志
雑草という名で強く生きのびる        浜 松
雑魚という老に貴重な生き字引き
秘めごとの一つや二つ抱いて老い
病院行き人みな下りる無料バス


 「美しい国 日本」           大塚  徳子
温暖化ドウモイ酸が泳ぐ海           仙 台
寂しくて琴線高くかき鳴らす
空高くやがて羽ばたく鶴を折る
美しい国 日本を目指す秋


  「タイ料理」             成島  静枝
愛情はたっぷり惜しい料理ベタ         千 葉
黒胡椒渋いおとこのほくそ笑み
パクチーの個性はみ出すタイ料理
ココナッツミルクおんなは翔びたがる


「古  都」             金田 政次郎
薬師寺の塔西京の景に溶け           静 岡
東大寺日光菩薩闇に浮き
のどかです斑鳩の里の仁王像
古都を行く尊皇攘夷夢の街


「カルチャー」            薮ア 千恵子
カルチャーへ私は鳥になって行く        焼 津
カルチャーで右脳左脳が握手する
時々ねカルチャーショック受けてます
カルチャーに私の席が出来ました


 「秋  味」            酒井  可福
独り焼くサンマの煙が胸に沁み     北九州
松茸の薄さに惚れて妻となる
くりよ栗お前はウニを真似たのか
八年目渋さも甘い父の柿


 「雑  詠」            内山  敏子
いつまでも里の母親当てにする        浜 松
夫婦げんか子等を味方に妻の勝ち
松茸は横目にしめじ市場篭
預かった孫が発熱どうしよう


  「妻 思 う」            山田  光男
妻遺影あまりの笑顔胸つまり         静 岡
あの世でも夫婦でいようと手を合せ
ありし日の妻を思いし枕ぬれ
退院を信じて去った妻あわれ


「雑  詠」            森島  寿恵
捨てた石唯だまってるこれからも       浜 松
笑っても泣いても今日は一日と
年寄りは金持ちと言ういやがらせ
急き立てる蝉の合唄セクシーで


 「お 見 事」            薗田  獏沓
百人一首ならばと母も気合入れ     川根本町
アラー説く髭面流暢日本語
骨のある弟子を内心嬉しがり
少女とは思えぬ生きた書道展


「たかねしょう」          山田  ぎん
残暑道蝉の死骸が転がって        静 岡
朝顔が今が盛りと咲き競う
大輪のふよう綺麗に咲いている
川風が涼をくれてる娘の家


  「  男  」            芹沢 穂々美
物干しのつっかい棒に止まる君         沼 津
サングラス外した男見栄を張る
外された出世街道横切った
ネクタイを外す男のいかり肩



(他32人 投句は本誌を参照してください)
虎竹抄 | Link |
(2006/10/25(Tue) 22:23:41)

200611のログ 200609のログ

Copyright © 静岡川柳たかねバックナンバー. All Rights Reserved.